お客様とお客様を繋げて新たな提案を!
取締役
法人事業部
部長
川﨑 諭
1974年5月9日生 A型
1998年〜
システム営業・広告代理店を経験
2014年
株式会社ファヴールマルシェ
法人事業部 部長
これまで担当した仕事内容は?
私の仕事で一番大事なことは、会社が打ち出した戦略を具現化していくこと。戦略に対して、具体的な戦術に落とし込んだり、それを実行する部署へのディレクションをしていきます。
卸部門である法人事業部としては、2020年度に海外で約2億7千万円、国内で約2億円、合計約4億7千万円の売り上げを作ることを目標にしています。海外と国内の二軸で売り上げを伸ばしていきます。海外は中国のマーケットが中心となりますが、当社の商品が正規代理店として動き始めました。しかし、まだ正規輸出手続きが整っていないため、ただの越境になっています。2018年は正規輸出入手続きを整備して、翌2019年度には本格的に貿易という形で卸ができるようになると思います。まずは、いくつかある案件に対してもう少し具体的な提案をしながら市場の数を増やしたり、中国の会社とのパイプをより強固なものにしていきます。
他にも、大阪支社立ち上げに携わったり、事業が円滑に進むために各部署とのディレクションをしたり、さまざまな業務に携わっていますが、その中の一つとして展示会への出展があります。現時点で、2018年1月、3月、4月と展示会への出展が決まっています。今までは商品を卸すための出展でしたが、今後は一緒にアライアンスを組みましょうという「ブランド創出事業」としての出展です。一緒に商品を作って、一緒に流通を広めて売り上げを伸ばしていけるお客様を多く見つけることが目的です。さらに2018年11月にはアジアで一番大きな香港の展示会にも出店する予定ですので、中国だけでなく、香港やベトナムなどアジア全体に広げていきたいと思っています。
一番のやりがいは?
売り上げがリアルな数字として出てくる部署なので、目標の数字を達成することはもちろんですが、目標を上回る数字を残すことですね。日々状況が変化していきますので、その中で目標を達成するためにはどうすればいいか、あるいはさらに売り上げを伸ばすためにはどうすればいいかを常に考えて、最終的に目標数値を達成することが一番のやりがいです。
仕事をする上で大切にしていることは?
一つ目は誠実性。これは人としてそうありたいという思いが強いのかもしれないですけど、とても大事なことだと思っています。二つ目はスピードとコミュニケーション。一つの仕事をするうえで、期限も決めずダラダラと仕事をするのではなく、期限を決めてそこに向かってその時間内で最大限できることをやることが大事。今はSNSもあり、メールやLINEなどすぐに対応できますので、報告・連絡・相談を大事にしてコミュニケーションを密に取りながら、効率よくテンポよく仕事をすることが大事だと思っています。
お客様へ一言
従来のクリニックやサロン以外にも、違う業者や大きな会社とも取引が増えてきました。その中で今までは、当社と韓国の会社、当社とメーカーなど、当社とお客様の繋がりだけでしたが、今後はお客様とお客様を繋げていくことで、二次的、三次的な効果を生んでいきたいと思っています。実際に2018年から、お客様同士に集まっていただき勉強会を開催していくことになりました。勉強会を通してお客様とお客様を繋げることで新しい付加価値を提案することができますし、いろんな展開をしていくことができるようになります。
一緒に商品を作りたい、商品を作ったけど売り方が分からないなど、とにかく分からないこと困ったことがあれば、ぜひ一度相談してください。いろんな可能性を秘めた事業展開をご提案できます。
今後の目標
もっとお客様のところに行って直接お話を聞く機会を増やしたいです。今はメールやスカイプなどでもコミュニケーションは取れますが、直接お会いして話を聞くことはとても大事だと思います。情熱を肌で感じることでいろんな戦略やアイデアが浮かんでくると思いますし、次の事業を考えていく上でもお客様に付加価値を提案していきたいと思っています。