ECの総合グループを作り上げる
取締役 統括本部長
泉 成人
1974年4月17日生 B型
1997年〜
広告会社・システム会社を経験
2008年
株式会社エクセレントメディカル
統括本部長
2010年
株式会社ベルブリッジ
代表取締役就任
2013年
株式会社ネットショップ支援室
代表取締役就任
2016年
株式会社ヘッドスプリング
代表取締役就任
2014年
株式会社ファヴールマルシェ
取締役就任
これまで担当した仕事内容は?
広告会社・システム会社を経て2008年からEC事業を始めました。最初にサプリメント専門ショップを始めたのですが、売り上げが全く伸びませんでした。そこで、ECでは競合が少なかったドクターズコスメのセレクトショップにコンセプトを変更したところ、1億、3億、6億と毎年200%以上売り上げが伸びていきました。しかし、ビジネスとしてさらに成長していくためにはオリジナル商品が必要だと考え、商品開発部門と卸部門を立ち上げました。
事業立上げ5年目で売上10億円を達成し、ECサイト30店舗を軸に、仕入、オリジナルブランド開発、リアル店舗への卸という形で事業を拡大していきました。
最初の5年間で学んだことは、EC業界のスピードの速さです!
この業界で成功するためには、ECを点で捉えるのではなく、川上から川下まで一気通貫で理解しなければならないということでした。
以下はECの業務全般です。
WEB・リアル市場でのマーケティング/製品開発・製造/商品の仕入れ/プロモーション、サイト制作、販促物制作/店舗運営(モール・自社サイトなど多店舗展開)/広告運用/物流業務、カスタマー業務、国内外への卸
これらを一気通貫で把握した上で、戦略を立て、戦術に落とし込み、PDCAをまわすことが成功するための基本。もちろん、これらを全て自社で行う必要はありませんが、全体を把握出来なければ成功はありえないと確信しました。
そこで、「ECの総合グループ」を創ることを決め、
2013年 ECシステムを一気通貫で提供する「ネットショップ支援室」
2014年 プロモーション・商品開発をメインとする「ファヴールマルシェ」 を設立しました。
「EC総合グループ」を目指したことで、2017年にはグループ年商30億円を超え、現在も成長を続けています。また、グループ会社の株式会社エクセレントメディカルを中心に、株式会社ベルブリッジ、株式会社キャピタルビューティージャパン、株式会社SACラボ、株式会社コモドールを立ち上げ各社オリジナルティ溢れる通販を展開しています。しかし、まだ「EC総合グループ」として完成したわけではありませんので、グループ年商100億円、営業利益20%を目標にさらに成長を続けていきます。
会社が成長してきた要因は?
一つは「ECの総合グループ」を目指し、他社と差異化を図ってきたこと。もう一つは「良い人材に恵まれた」ことですね。ECのサイトを作るのも、商品を作るのも、お客様対応をするのも、結局全て人です。同じ志を持って、創出していくことができる人達に巡り合えたことが大きかったですね。
また、最近思うのは普通にPDCAを回していってもEC業界はうまくいかないということ。考えている時間があるならまずやってみて、出てきた問題に対して鬼速PDCA(※1)を回してきたことが成功した理由だと思います。

(※1:お勧め書籍:鬼速PDCA / 作者:冨田 和成
一番のやりがいは?
EC総合グループを成長させていくことと、一緒に働いている仲間が幸せな人生を送れるような会社を作ることですね。私はECが大好きで0から1を生み出すビジネスを作ってきましたが、成功できたのはみんなの協力があったから。だからみんなに幸せになってもらいたいんですよ。私は、人が幸せと感じられるのは「仕事」、「プライベート」、「家庭」の3つの要素のバランスだと思っています。人によって、さらには人生のステージによってそれぞれのパーセンテージは違うと思いますが、この3要素を一人ひとりと真剣に考え実現できる会社を作ることがやりがいの一つです。そのためには、売り上げを上げることも大事ですが、生産性の高いビジネスを創り、社員のパフォーマンスを最大化する仕組み作りも私の大切な仕事だと思います。
お客様へ一言
今後、ECをやっていくのであれば、絶対に自分たちのブランドを作ることが必要です。ECの一番良いところは、万人受けする商品を作らなくてもいいんです。1万人に一人が絶対にこの商品がいいよねと言ってくれる商品を作れば、それを探している人はいますし、その人たちがSNSなどで拡散してくれます。そういう商品を一つ作ることが今後ECで成功するための要因だと思います。当社には、オリジナルブランドを創出する為に必要なノウハウ、システム、成功事例がありますので、それをお客様に提供していきます。
今後の目標
EC総合グループとして明確に日本の中で地位を作りたい。そして100年企業にしたいですね。そのためには、EC総合グループだからできるシナジービジネスを創っていかなければなりません。考えるだけでワクワクします。 また会社を経営していく上で戦略戦術が大事なのは十分わかっていますが、当社で一番大事なのは「どんな仕事をするかではなく、誰と仕事をするか」です。情熱があって志が同じ人と仕事をすることが大事だと思っていますので、社員一人ひとりがいろんな仕事に挑戦していけるような会社にしていきたいです。