常にお客様とWIN-WINの関係で!
取締役
営業マネージャー
関根 智彦
1975年3月13日生 A型
1993年〜
ホテル・アパレル会社・車販売会社を経験
2002年〜
古着屋・カフェバーを起業
2015年
株式会社エクセレントメディカル
株式会社ファヴールマルシェ
法人事業部
これまで担当した仕事内容は?
商品を仕入れるバイヤーと自社商品を卸す営業の二つの仕事をしています。
当社はいろいろな商品を仕入れるところから始まって自社商品を作るようになり、自社商品に力を入れていたのですが、新規のお客様を獲得して売り上げを伸ばしていくために仕入れ部門にも注力していくようになり私が担当することになりました。ゼロベースで白紙状態からバイヤーを始めて1年半ぐらいになりますが、直近で月2,800万円ぐらいまで売り上げがあがるようになりました。
仕入れ商品としては、当社はもともと化粧品やサプリがメインなので、当然そういった商品もありますが、私が仕入れて人気が出たのはヘアケア系です。薄毛対策のスカルプのシャンプーとか、変わり種では12万~20万円ぐらいする薄毛治療のヘルメット「セラドーム」があります。価格は高いですが、12万円の商品でも10台売れれば100万円を越える売り上げになりますし、実際に月に平均10台以上の売り上げをあげています。
仕入れに関しては、アマゾンで最安値が出やすいので、アマゾンの最安値で人気があるところをベースに、競合が少ないところをリサーチしてデータに基づいて決めていますが、今でいうインスタ映えとかバズるみたいなところを考えながら、常に半歩先を意識して仕入れています。前職でアパレル関係の仕事をしていたのですが、あまり先のことを意識しすぎると奇抜なファッションになってしまいます。世の中がおしゃれと思うのは半歩先のものなんです。バイヤーの仕事も同じです。半歩先を意識して商品を仕入れることがヒット商品に繋がると思っています。
卸に関しては、最近だと「HIMITU」というリップや「毛玉予防スプレー」などの自社商品を実店舗やクリニック、サロンなど、ピンポイントで販売していただけるところで値段を守っていただけるところに卸しています。バイヤーと卸の営業と二つの仕事をしていると、バイヤーをやることで社外の付き合いが増えてきますし、仕入れ先に自社商品を卸したりすることもあるので、バイヤーの仕事を営業に、営業の仕事をバイヤーの仕事に活かすことができます。これが、私の強みだと思っています。
一番のやりがいは?
とにかく楽しんで仕事ができているところです。社内にいることよりも社外に出ることが多いのですが、世の中の流れが分かったり勉強できることが多くあります。仕事ですがある程度権限を持って商品を仕入れることができるのは楽しいですね。天職だと思っています。
仕事をする上で大切にしていることは?
これは完全にWIN-WINですね。社外のお客様だけが儲かる仕事はしたくないですし、逆に当社だけが利益を取る仕事をしても目先の利益を取るだけの仕事しかできないと思うのでそれも意味がありません。長期的に見ても損をしない対等な関係が大事だと思っています。どちらかに偏るのではなく、どちらも利益が出るようにすることで、最終的に「関根と知り合えて良かった」と思ってもらえることが一番です。それを続けていけば、こちらが想定しなかった紹介をしていただけたり、新しいビジネスにも繋がっていくことになると思います。
お客様へ一言
私ならではのコネクションがあるので、私と一緒に仕事をしていただければ、今まで繋がりがなかったところと取引ができるようになる可能性がありますし、会社としてもさらに可能性を広げることができる提案ができます。
ぜひ一緒に楽しいことをやりましょう!
今後の目標
会社から与えられた目標をクリアすることはもちろんですが、目標値の1.5倍、2倍を目指して仕事をしていきます。多くの人が憧れる会社として当社を認知していただきたいという思いがあるので、そこに向けて面白くて魅力のあるビジネスを作っていきたいです。また、仕入れや営業から生まれた関係によっていろんな企業様とコラボして商品を作ったり、今まで考えられなかったビジネスを作り上げていきたいです。